新潟の【笹団子】の作り方レシピ。玄米からあっという間です!

こんにちは♪自然食調理師minakoです!

minako

新潟の笹団子、昔から大好きだったので、砂糖不使用!
手作りに挑戦です!はぁ~~~笹のいい香り♥

今回で2度目となる笹団子作りなのですが、生の玄米からあっという間にできちゃいます!

本記事の内容

本格笹団子の味・食感を
玄米からあっという間に再現可能!
ご自宅でチャレンジしてみてください♪

科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応自然食料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

もち米ではないので、アトピーさんでも食べれます♪ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

笹団子とは

よもぎだんご・草団子を笹で包んだ和菓子です。

もちもちしているというよりは、もちっと歯切れよく噛みきれる
食感が特徴です。

もち米よりも上新粉の割合が多いからです。

米どころ越後がうんだ名産品「笹だんご」と言われていて、新潟土産として多くの方が
嗜好していますね。

材料はとてもシンプルで、米・小豆・ヨモギ・笹・井草でできています。
すべて身近にあるもので、昔から親しまれていたんですね!

さっそくわたしのレシピを紹介致しますが、とっても簡単で米粉ももち米も使わずに
おうちの生米でできちゃうので、ぜひお試しください♪

※本場の作り方とは異なる場合がございます。

作り方

ご自宅で、餡子があればあっという間に完成です!
うちでは砂糖不使用デーツ餡を使用します。
砂糖を使わない理由は、肌荒れや発疹を防ぎ、鬱や情緒の安定にもつながるからです。

必要な道具・食材

あると便利なもの

まとめて購入したい方は、

【TOMIZ(富澤商店)】でのお買い物がおススメです♪
ネットで製菓に必要なお買い物が簡単にできちゃいます。

それではさっそく作っていきましょう!

材料(5個分)

玄米(1日水に浸しておき、水を切った状態)…120g
お湯                …30g
小豆餡(うちではデーツ餡使用)    …100g
よもぎ粉              …大さじ1( 約3g )
笹の葉               …15~25枚
いぐさまたは笹の茎         …15本
(本場はスゲを1本使って括っているようです)

作り方
  1. 玄米にお湯を注ぎ、ブレンダーまたはミキサーで
    しっかりトロトロな状態になるまで混ぜ合わせる。
  2. 笹の葉が乾燥しているものは、軽く湯がいておく。
  3. 餡子を5等分し丸めておく。
  4. ①にヨモギを入れてよく混ぜ合わせ、手でつかめるくらい固くなるまで
    鍋で弱火にかける。
  5. ④を約28gずつに5等分し、丸めておく。
  6. ⑤を手のひらでよく広げ、餡を挟んで俵型にし、3枚の笹の葉で包む。
  7. キャンディーのように笹の端をねじったら井草で3か所縛る。
  8. 蒸気が出た蒸し器で20分~25分しっかり蒸して終わったら
    乾燥する場所で冷ます。
  9. 冷蔵庫で1日冷やすとちょうどよい固さになりますよ♪
ポイント

冷凍保存できますので、多く作ったら是非冷凍を。
自然解凍でお召し上がりいただけます。

YouTubeはこちら

よかったらチャンネル登録お願いします♥



おわりに

市販の米粉を使えば簡単と思いがちですが、生米の新鮮さ安心安全には代えがたいと思います。
玄米を味方につけて、美味しい食事を楽しみましょう♪

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

お問い合わせはこちらLINEでも受けつけております。
お気軽にお問い合わせください。

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

「オイスターライス 」ご自宅で調理技術を上げたい方へ
グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です