無花果(イチジク)は胃腸の栄養剤♪さらに美味しく食べるレシピ。

こんにちは♪自然食調理師minakoです!

minako

イチジクは胃腸の調子を整えて、体の隅々に潤いを与えてくれます♥

本記事の内容

イチジクの栄養とおすすめの食べ方!

科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応自然食料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

みなさま無花果イチジクはお好きですか?ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

無花果は花を食べていた!栄養は?

みなさん、イチジクの花を見たことがありますか?

実は、あの甘い実の中にある白や赤のプチプチは、イチジクの花なのです!!
厳密に言うと、果実を食べているというより、花を食べていたことになりますね。

それでは、そんな可愛いらしい実の無花果についてもっと調べて行きましょう。

貧血気味の体にぴったり

イチジクには鉄分が含まれており、気や血が足りていない時に食べると
とてもパワーが出るものです。

特にドライフルーツのドライいちじくのほうが鉄分豊富になっています。

から咳やのどの腫れに

肺を潤してくれる役目があるので、のどや空咳を癒してくれます。

乾燥が始まる時期なので、積極的に補給したいですね。

胃腸の働きをよくする

食物繊維や、たんぱく質分解酵素が含まれているので、
胃腸の調子を整えて体に潤いを与えてくれるのです。

特にバナナやクルミとの組み合わせは消化促進、便秘解消に役立ちます。

おすすめの食べ方

さっぱりとした味のイチジクは、追熟しない実なので、収穫したらすぐに食べるのが
一番美味しいです。

たくさん手に入ったら、思い切ってジャムやコンポートにしてみても保存が効いて
楽しめます。

おすすめはバターソテー

画像はイメージです

無花果をおかずとしても味わえるレシピをご紹介します。

もちろんおやつにしてもいいですし、興味があればお試しください!

材料(2人分)

イチジク    …2つ
バター     …5g
自然塩     …ひとつまみ

作り方
  1. イチジクをバターを敷いたフライパンで
    軽く焦げ目がつくまで焼きます。
  2. 仕上げに塩を振って完成です♥
ポイント

自然塩を使うことで、イチジクの甘さがより引き立ちます。

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

おわりに

お問い合わせはこちらLINEでも受けつけております。
お気軽にお問い合わせください。

komehachi♡cafeclass

この記事をご覧の方へおすすめレッスン

「オイスターライス 」ご自宅で調理技術を上げたい方へ
グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

参考書籍

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です