生筋子で自家製【いくらの醤油漬け】【塩いくら】レシピ

こんにちは♪美肌・アレルギー対応調理師minakoです!

minako

生筋子がスーパーで買えると、年に1度は必ずいくら漬けを作ってます!冷凍保存で、簡単便利♡

生筋子を自家製の味付けで楽しみたい方!
いくらの添加物が気になる方!
生筋子を調理してみたい方へ。

本記事の内容

筋子の調理&保存方法
『醤油漬け』と『塩漬け』のレシピ

本業は、科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応スーパーフード料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

簡単で、安心安全です!ぜひ作ってみてくださいね!

生筋子の下処理ってどうすればいいの?

スーパーで生筋子を見つけると、いくらの醤油漬けにして食べるのが楽しみです。

ただ、天然の生モノなので、まれに寄生虫がいることがあります。

寄生虫(アニサキス)の対策方法

一番重要視したいのは、生筋子の【鮮度が良い】こと。

膜に張りがあり、きれいな朱色で潰れにくいものを選んでください。

アニサキスを死滅させるには、60度のお湯で1分
-20度で24時間冷凍させることです。

確実に遂行するには、お湯で筋子をほぐし、24時間冷凍させるのがいいですね!

下処理方法

苦手な方ごめんなさい!

一番簡単な下処理方法をお伝えいたします。

生筋子をいくらにする
  1. お湯を沸かし、ふつふつと沸騰寸前になったら火を止める
    (約40度~60度)
  2. 大きめのボウルに生筋子を入れ、上からお湯をかけまわす
  3. 手で触れるくらいになったら、手でぽろぽろと筋子を外していく
  4. 水で洗ってザルで水分を切る
  5. 味付けをして、製氷機などで小分けにし、冷凍保存!!
使う分だけ割ってごはんにのせられるので大変便利。

白くなっても問題なし!色は後で戻ります。

粒が潰れないかびくびくしちゃいますが、意外と潰れませんので
大胆に外してみてくださいね♪

いくら漬けレシピ

下処理方法を覚えたところで、早速美味しく食べるレシピにうつりたいと思います♡

いくらの醤油漬け

材料
  • 下処理したいくら250g(1本分)
  • 日本酒大さじ1
  • 醤油大さじ1
  • メープルシロップ大さじ1
作り方
  1. 調味料を鍋で3分ほど煮込む
  2. 下処理したいくらに回しかけ、粗熱が冷めたら冷凍で24時間以上保存。

いくらの塩漬け

材料
  • 下処理したいくら250g(1本分)
  • 粉末だし(うちでは椎茸・あごだし使用)小さじ1
  • 塩小さじ1
作り方
  1. 下処理したいくらに調味料を加え、あえたら冷凍して24時間以上保存。
ポイント

解凍したら早めに(2~3日で) 食べきってくださいね !

おわりに

いくらって高級ですが、少しの手間をかけてあげると、

添加物のはいっていない安全なものとして家族に提供できますね。

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です