ほうぼうのお刺身&あぶり焼きを作りました♪【レシピ付き】

こんにちは♪美肌・アレルギー対応調理師minakoです!

minako

突然ですが、「ほうぼう」という名前のお魚、食べたことありますか?

本記事の内容

『ほうぼう』の栄養
食べ方レシピ♪

本業は、科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応スーパーフード料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

日本の添加物は海外では使用禁止??…ぜひ最後までお読みくださいね!

ほうぼうとは?

けっこうかわいいお顔しているんですよ

ほうぼうは天然サプリメントのように栄養豊富

おさかな屋さんで、息子が興味津々だったので、買ってみることにしました♪

お顔は、立体的で自分でさばく自信がなくなってしまい、さばいてもらって買うことにしました。

さばかれると、とても小さく感じます。

皮や骨ももらえばよかったー。

自分でさばくと、美味しいところも捨てずに使えるのが
いいですよね!


次回から

「スープにしたいので、捌いた後の骨もまるごとください!」

といってみます。笑

ほうぼうの栄養成分

主な成分としては、タンパク質、脂質、ビタミンA(レチノール)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛などを含みます。

https://www.kounoujiten.com/syokuhin/houbou.html

美肌効果、疲労回復、ありとあらゆる健康増進効果抜群です!

ほうぼうの美味しい食べ方

〈材料〉
ほうぼう・1匹分皮なし
オリーブオイル

りんご酢

〈作り方〉

ほうぼうを食べやすく一口大にスライスし、オリーブオイル、りんご酢、お塩で味を整えて
どんぶりにして食べても◎

お味はたんぱくなので、お醤油で食べるより、
お塩で味を引き立たせるのがminako流美味しい食べ方♪

そのままでは、もちもちで歯ごたえ抜群ですが、少しフライパンでソテーしたり炙って
半生くらいで食べると、歯切れもよくより美味しくなります^^

minako

旬のものは買いやすく、栄養も豊富なので、ぜひ見つけたら食べてみてくださいね!

最後に

食をないがしろにしていたら、間違いなく健康で入られなくなります。

皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

お気軽にお友達登録してね♪
お問い合わせはLINEこちら(グルテンフリースイーツレシピプレゼント中♡)

友だち追加

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

雑誌でも紹介していただきました♡おしゃれエプロンもよろしくお願いします♪

新作も続々登場♡

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です