「新米」アトピー・米アレルギーには高アミロース米がおすすめ♪

こんにちは♪自然食調理師minakoです!

minako

最近お米のアレルギーの方が増えているのをご存知ですか?
昔ながらの品種米だと、発疹が出ないことが多いみたいですよ♥

アトピーの原因と言われる一つのもち米。
通常のお米も、冷めてもモチモチという口当たりのいいお米に品種改良されていますが
意外と多くの米アレルギーやアトピーが発症されているのをご存知でしょうか?

本記事の内容

安心安全なお米選び!
アトピー・米アレルギーの方向け
お米の選び方♪

科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応自然食料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

食の安全を気にする方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

現代のお米は栄養よりも甘さと口当たり重視

そろそろ新米を注文されている方も多いのではないでしょうか?

わたしはいつも、親戚の作った美味しいお米をいただいています。
コシヒカリで甘みがあって、とても美味しいお米です♪

ですが、現在野菜や果物の糖度が、一昔前よりも
高くなっているのをご存知でしょうか?

栄養よりも、現代は口当たり、甘さの強い方重視です。

美味しいものを食べたいという欲求は誰でも持っていますからね。

ですが、その裏では、子供だけではなく重度の大人のアトピー、米アレルギーも
年々増加していってます。

その理由の一つは、摂取する糖質量が多くなっているからです。

白米技術があがっている一方、病気の増加

うちでは、息子が生まれてからずっと玄米を食べてきてますが、ほとんどのご家庭で
白いご飯が当たり前の食卓ではないでしょうか?

白米は米の栄養素を削いでしまい、糖質しか残らない食べ方なのです。
つまり血糖値が上がりやすい食べ物を日々積み重ねて食べているということ。

日本人は、糖尿病の患者が多いといいますが
現代の食生活に問題があることを気に留めている方はまだまだ少数かと思います。

米とアレルギー・アトピーの関係

アレルギーというと、小麦や卵、牛乳などを思い浮かべると思います。

日本人の主食のアレルギーがあるなんて、信じがたい事実です。

お米そのものがアレルギーを引き起こす原因ではないのですが、
現代主流のもちもちした粘性のお米は、高アミロペクチンとなっており、

そのお米を食べ続けるとアトピー、湿疹、蕁麻疹、
アレルギーを引き起こしやすい体質になっていきます。

何を選べばいいのか

以下、医学博士の渡辺一彦氏のレポートです。

平成元年、ご飯を食べたら湿疹が出るという、米アレルギーの患者が増えました。

その年、きらら397が誕生し、北海道の米として今までの常識を越えた美味しい品種として品切れが出るほど愛用されました。ほとんどの患者がきらら397かコシヒカリを食べています。

ゆきひかりに戻しますと症状は治りました。そこで、モチ遺伝子を持たない品種のゆきひかりの精米を繰り返し、アレルギーの原因となる蛋白質と農薬の残留の多い胚芽を削ぎ落としたお米を患者に薦めたところ良好な効果が出ました。

現在では子供の1~2%は米アレルギーと推定されます。これは米の品種のちょっとした変化でも、化学物質や環境ホルモンでアレルギー体質が高まった現代人にとって、アレルギーの発症につながったことを意味するのではないでしょうか。

http://www2.nakagawabeikoku.co.jp/atopiyukihikari.htm

お米アレルギーやアトピーのお子さんでも、昔ながらの品種でうるち米なら
食べられるという方が多いです。

と言うのも、もち米やコシヒカリなどの品種米は、品種改良の名の元、
もち米系がかけあわせてつくられたもの。

放射線と化学薬品をかけあわせてつくられたものもあります。

もち米の特徴は、でんぷん質に100%アミロペクチンが含まれているために
あの粘質性が出るのです。

大人になってからアトピー体質になってしまった私は、息子同様もち米は
一切食べていませんが、自宅の玄米で団子をつくると、それはもう団子餅そのもの!
と言う再現力だったので、最近のお米は相当な高アミロペクチンなのかと思います。

お米のたんぱく質の種類

古代の品種のお米は、アミロースというたんぱく質が多く含まれているので
あまりモチモチせず、飽きのこないあっさりした味です。

もともと固めのご飯が好きな私は、高アミロース米、低アミロペクチンのお米を探すことになりました。

高アミロペクチン米高アミロース米(アトピー・アレルギー向け)
コシヒカリササシグレ
もち米ササニシキ
あきたこまちユキヒカリ

ほかにも多々種類はありますが、代表的なものを並べてみました。

高アミロペクチン米は国民の70%以上がシェアしているお米です。
ですが、アトピーやアレルギーを引き起こす原因となっているのも事実です。

そして、このアミロペクチンだけが原因ではなく、農薬や化学肥料、除草剤も
食を語る上で欠かしてはいけないことだと感じます。

私自身、全くの未経験で、どれだけ無農薬、除草剤を使わずに食物を育てることが
大変か実感したことはありません。

ただ、こうして糖尿病を始め、アトピーやアレルギーを引き起こしているものが
自然農法の野菜や穀物のおかげで回復する例は多々あるのです。

日本の農家さんを応援

こういった高アミロースを栽培している農家さんはとても貴重なので
気合いがあれば積極的に利用したいと思っております。

そして、もっとも大切なのは、人の命と繋がる食に関して
繊細に丁寧に届けようとしてくださっている人から購入したいですよね。

みなさんは、どのような方へお金を使いたいですか?

おすすめの農家さん

今回調べた結果、農薬0ゼロ、肥料0ゼロ、除草剤0ゼロの
3つのfreeを実現している農家さんのお米をご紹介致します。

自然農法ですと、安心して玄米を食べることができますね!

アトピーやアレルギーでお悩みの方、健康を意識している方は
ぜひ参考にしてみてくださいね!

「太田さんのササシグレ」

令和3年産新米「太田さんのササシグレ」【白米(精米)/5kg】農薬不使用(無農薬)肥料・除草剤不使用/ 自然栽培歴11年、日本のささしぐれはこの人から始まった/元祖ササシグレ/ 高アミロース・低タンパク・低脂肪酸品種/未病に【11月上旬発送開始予定商品】(注文受付順)

わたしがさっそく注文したのも、こちらの玄米です!
食レポするのでお楽しみに♥

「成澤さんのササシグレ」

新米/自然栽培「成澤さんのササシグレ」【玄米/5kg】農薬不使用(無農薬)肥料・除草剤不使用 自然栽培歴18年/有機JAS認証米(オーガニック米)/高アミロース・低タンパク・低脂肪酸品種・うるち米/未病に/なりさわ生命食産/令和3年産 【11月中旬頃発送開始予定商品】受付順

ショップリンク

自然栽培の専門店ハミングバード

おまけ

この除草剤は、世界のほとんどで使用を禁止しているのに
日本では誰でも買うことができてしまう恐ろしい現実です。

現実を受け止め、自分では何ができるのか、希望をもって受け止めてもらえたらと思います。

おわりに

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

お問い合わせはこちらLINEでも受けつけております♥
お気軽にお問い合わせください。

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!



シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です