とうもろこしは生食可?栄養豊富な旬のものをかじってみて!

こんにちは♪美肌・アレルギー対応調理師minakoです!

minako

わたしも息子もとうもろこしが大好き♥


いつも、レンジで温めようか、塩茹でしようか悩んでたのですが、
どちらにせよ、栄養が壊れない方を選びたい!と思って悩んでいたのです!

本記事の内容

とうもろこしの栄養&食べ方!!

本業は、科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応スーパーフード料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

とうもろこしの栄養をまるごといただく【生食】をしてみました~!

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

とうもろこしっていつから食べられているの?

とうもろこしは、もともと紀元前7000年ごろから栽培されていて、メキシコや南米の主食でした。

今の日本では、北海道を中心に関東・東北地方で多く栽培されております。

とうもろこしにはたくさんの種類があり、主に食用とされているのは

『スイートコーン』と呼ばれているもの。

夏が旬の野菜なのですが、アメリカなどから輸入されることがあるため、

一年中食べることができますね。

とうもろこしの栄養

主にビタミンB1・B2、E、カリウム、亜鉛、鉄などが含まれております。

ビタミンB1が不足すると口内炎などになりやすいので、

皮膚粘膜を強化したい場合や、むくみが気になるときは積極的に食べていきましょう♡

一粒一粒の皮が、食物繊維なので、積極的に食べて、腸内もスッキリできますよ~!

とうもろこしのカロリー

とうもろこしをまるまる一本食べると約160calなので、おにぎり一個分と同等です。

腹持ちがよくおやつにもぴったりですね♪

ととうもろこしの選び方

とうもろこしのひげ根は、粒の数だけ生えているので、ひげ根がたくさんあって焦げ茶色のものを選ぶのがいいですね!

ちなみに、ひげ根もむくみ防止にいいですし、お茶にして飲んでも◎
食べて体スッキリさせちゃいましょう♡

とうもろこしは生でも食べれるの?!

とうもろこしは、生食できるんですよ♡

ただ、スイートコーンと言う品種で鮮度のいいもの、虫などがついていないものを

きちんと選んでくださいね!

生食用のとうもろこしも販売されておりますので、心配な方は

生食用コーンを選んでください。

ただ、わたしは、生食のために糖度の高いものをわざわざ買う必要はないと思っています。

最近スーパーの野菜コーナーや果物コーナーは、糖度の高いものを

わざわざ目印にして表示させてますよね。

特に糖度の高いものを高値で売る傾向が。。。

ですが私は、わざわざ糖度の高いものを食べたいと思いません。

むしろ、野菜や果物本来の甘酸っぱくて、みずみずしい。ただそれだけで

身体が元気になる気がするのです!

参考資料

おわりに

遺伝子組み換えコーンは、輸入物に高い割合で使われていて、

日本でも知らず知らずに摂取してしまっています。

特に、食用油、澱粉などに使用させていて、お米の消費量の2倍とされているんです。

コーンスターチや、コーンシロップと書かれたお菓子や加工品、

また家畜の肥料にも使われているので、いつのまにか健康を害してしまっている可能性はあります。

時代は進歩していて、たくさんのテクノロジーと共に生活してますが、

本当に必要な栄養素はなにか、今一度ご自身で考えてみてくださいね!

皆様が、健康で長生きして、元気に暮らしていけますように♡

なにか相談したいことがございましたら、お気軽に♪
お問い合わせはLINEもしくはこちら

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

雑誌でも紹介していただきました♡おしゃれエプロンもよろしくお願いします♪
綿100%のエプロンとタオルのみ扱っております。
すべてオリジナルデザインです。

新作も続々登場♡

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です