栗の渋皮煮は1年に1度丁寧に作ってみてほしい【レシピ】

こんにちは。美肌・アレルギー対応調理師minakoです!

minako

秋の食べ物は美味しいですよね!栗の季節がやってきました。

マロングラッセが好きで買うととても高いので、毎年自分で作ってます。

おばあちゃんの手作りが美味しくって、きっと自分でも作れると、
味を思い出しながら行っています。

本記事の内容

栗を買ったら必ず作る渋皮煮のレシピ♡

本業は、科学調味料無添加・砂糖不使用の
アレルギー対応スーパーフード料理教室を主宰しているわたしですが、
レッスンだけではお伝えしきれないことなど、少しでも役立つ情報を提供していきたいと思い
このブログを更新しています。

詳しいプロフィールはこちらから
調理師免許所持。プライベートではヘルシー(健康的)な生活が大好きな1児のママです。

1日かかってしまうこともあるので、余裕のある日に作ってみてくださいね♡
ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

簡単に栗の栄養を解説します

なんと、栗にはビタミンCがリンゴの8倍も入っているんです!

そして、そのビタミンは澱粉に包まれているので、加熱しても壊れにくいというから驚き。

ビタミンCは尿と一緒に流れ出てしまうので、毎日積極的に摂って
美肌効果や免疫力アップをしていきましょう。

ほかにも、渋皮煮は、タンニンと言って抗酸化物質が含まれているので
老化防止がん予防にいいですね。

まずは普通の栗の茹で方

作り方と保存方法

  1. 鍋に栗を入れて、ひたひた程度に水を入れ
    50分ほど茹でます。
  2. ザルにあけて、粗熱を取ります。
  3. ジップロックなどの保存容器に入れて冷凍すれば
    長期保存可能です!

一度冷凍した栗は、皮がむきやすいのでおすすめです。

本命の渋皮煮のレシピいってみましょう!

材料

栗1袋(鬼皮向いて約500g)

メープルシロップ200g(わたしは100gでも満足です)

作り方
  1. 栗を半日~1日水に浸す
  2. 熱湯で5分茹でて、鬼皮を剥く
  3. 重曹を入れて水を入れ替えながら鍋で2~3回茹でる
    (重曹は1度のみ)
  4. 茹で汁がワイン色になったらザルにあけ
    さらに皮を掃除しておく
  5. 栗の重量500gに対してメープル200gと、ひたひたにかぶる程度の水を入れ、
    20分強茹でる。
  6. 冷まして冷蔵庫で冷やして出来上がり!
美味しく作るコツ!!

栗の鬼皮を剥くときに、失敗して破ってしまうこともありますよね?
わたしは、鬼側に、ぷちっと穴が少し開いていた方が栗が柔らかくなって
好みなんです♡ぜひ一緒に茹でてみてください!

そして、栗の柔らかさを確認してから甘味を入れましょう
一度甘味を入れてしまうと、それ以上実を柔らかくすることはできないのです(;´`)

さらにアレンジ「即席マロングラッセ」

マロングラッセと言えば、高級な洋菓子ですよね。

わたしは、渋皮煮の最後にラム酒を入れて食べるのが好きなのですが、

今回は子供と一緒に食べるので、お酒の使用は控えてみました。

マロングラッセは何度も砂糖で煮込んだ甘いお菓子ですが、

即席でできるやり方としては、渋皮煮を一度冷ました後、汁は除いて

お好みの洋酒とメープル100gのみ追加して、鍋で弱火で煮込むだけ!です。

それにしても、トータル8時間(浸す時間込)かかりました。

それでも、わたしは料理するのが大好きです!

YouTube

良かったらチャンネル登録してくださいね♡

おわりに

わたしは体に良くて、美味しいものが好きな人と大家族になるのが夢です♪

自然の恵みにいつも感謝。

これからも、食の大切さを配信し、皆が気づけるように、わたしは行動し続けます!

komehachi♡cafeclass

おすすめレッスン⇩⇩

グルテンフリーティラミスは、乳製品も不使用なのに、濃厚!
生米から混ぜるだけのマリトッツォはオイルフリーのお米クリームと一緒に♡
美肌を叶えるインドカレーは基礎なので、お好きなお野菜やお肉を足して楽しんで!
生米から作るグルテンフリーハンバーガー。絶品トマトソースが味の決め手。

他にもレッスンぞくぞく登場!

レッスン受講前にお問い合わせも受け付けてます!

シェアはお気軽に♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です